施設入居のタイミング[介護愛知どっとこむ]

施設入居のタイミング

老人ホーム・介護施設へ入居するタイミングといっても、状況によって様々となりますが、
入居を考えるタイミングは次のような理由が多いです。

①在宅介護での対応が限界になったとき

在宅介護を行ってきたものの、仕事と並行して行うことで、家族の介護負担が大きくなり、在宅介護が困難になった時点で、自宅(在宅介護)から老人ホームや介護施設に移るケースが多いです。本来であれば、入居にかかる費用が安い特別養護老人ホーム(省略して「特養」と呼ばれています。)などに入居希望を出すことがお金の面で一番良いと思いますが、待機者が多く、要介護度の入居条件もあり、入居するのに数年待たなければならないこともあります。特別養護老人ホームに入居できるまで待てない場合、老人ホームや介護施設への入居を検討する方が多いです。

②病院などの医療機関から退院するとき

病院などの医療機関は、病気や怪我などを治療することに特化している機関であり、当然のことながら、治療が終了した後は退院しなければなりません。退院後にリハビリや医療的処置が必要と判断された場合、介護老人保健施設(省略して「老健」と呼ばれています。)または療養病床に転院するのが一般的です。 しかし、介護老人保健施設は3ヵ月で退所を迫られることが多く、療養病床についても、長期化すると退院を促されることが多々あります。 ①で説明したことと同様、病院などを退院し、介護老人保健施設などを退所された後に、在宅介護が困難な場合も、老人ホームや介護施設への入居を検討するタイミングとなります。

③まだ元気なうちに入居を希望する

①・②と比較すると数は少ないですが、介護が必要のない時から入居を考える方もいます。「まだまだ元気なのになんで?」と思われるかもしれませんが、様々な理由があり、ご検討される方もいます。 どんな理由があるかと言うと...

  • 老人ホームや介護施設で安心して暮らしたい。
  • 良い環境で趣味などに没頭したい。
  • 自分の介護で家族に迷惑をかけたくない。
  • 1人暮らしが不安。

介護愛知どっとこむでは、
お客様に最も最適な老人ホーム・介護施設をご提案させて頂きます。

老人ホーム・介護施設を条件から検索する
  • 電話でお問い合わせ
  • お問い合わせ